カテゴリ:星暦( 13 )
18日の夜明け前、しし座流星群ピーク
8年前、2001年11月19日未明のあの時を覚えているだろうか。あのときに遭遇した人はおそらく一生忘れることはできないであろう。
その再現ではないが今年もまた大いに期待してもよいのでは・・・との予想が出されている。
最近は研究の進歩とともにこうした流星群の出現予想が出されるまでになってきたのはありがたい。だから反面予想が外れたら・・・と思うとちょっと怖い気がしないでもない。
しし座流星群の母天体は33年周期で回る「テンペルタットル水星」でその回帰から10年が過ぎている。その33年ごとに太陽に近付いた時に放出される星のかけらの広がりをダスト・トレイルと言っている。
これも一緒に太陽を回っているのだが、いつごろ放出されたものかを特定し、それが地球と出会うのか出会わないのかで流れ星が多くなるのが少なくなるのかが決まるそうだ。
さて、今年この予想では1466年と1533年に放出された星のかけらのダスト・トレイルが地球とぶつかる。その中心が18日午前6時頃でその頃を中心に1時間に100個以上多ければ500個に達するのではとのことだ。
今年は月齢が1.3、新月直後で夕方には沈んでしまい条件はこの上なくよい。しし座の放射点が東の空に上ってくるのは深夜24時ころでこの頃から流れ星の数が増え始め、明るくなり始める5時半頃にはかなりの数の出現が楽しめるであろう。
この頃晴れればかなり冷え込んでくることが予想される。最高のピークの頃にダウンなんてことにならないように寒さ対策は万全に!
[PR]
by hoshimikai | 2009-11-02 19:45 | 星暦
くじら座の変光星「ミラ」が14日ごろ極大に
「ミラ」と言えば、皆さんもよく存知ていよう。そう、あの軽乗用車D社おにそんな名前がついているよね。
もちろんそれはこの星・くじら座の変光星からつけたものなのだ。
このくじら座の変光星「ミラ」が今月14日頃極大、つまり最も明るくなる。ミラは変光星の中で一番有名で大体332日の周期で明るくなったり暗くなったりすることで知られている。
これはミラが星としての一生を終える姿で膨らんだり縮んだりしながら明るさを変えているというものだ。
その周期はほぼ一定なのだが、明るさはまちまちで最も明るくなる時でも、2等星になったりあるいは4等星止まりだったりすることだってある(ちなみに前回、昨年の12月は3等星の暗い方で肉眼でようやく確認できる程度)。
ミラのあるくじら座といえば秋から初冬にかけてが一番見安いシーズンということで、今が絶好の観望期なのだ。あまり目立たないがうお座のα星、アルリシャの直ぐ下に星が見えたらそれがそうだと思ってほぼ間違いないだろう。この辺りには3等星以上の明るい星はないのだ・
くじら座の口元になるα星メンカル(2.5等)や尾っぽのところにあるデネブ・ロイトス(2.0等)と比べてみるのも明るさを調べる一つの方法だ。普段、変光星なんて滅多に見ることはないだろう。是非このチャンスにくじら座のミラに目を向けてみてはいかがかな?!
[PR]
by hoshimikai | 2009-11-02 19:45 | 星暦
10月は夜空で木星が絶好調
本格的な秋の訪れ、夜空では木星が最高にみやすいシーズンを迎えている。
木星は8月中旬に地球の真後ろに回り込み、一晩中見ることが出来るようになっているが、宵の空でもっとも楽しめるようになるのはそれから二ヵ月後、つまり10月が一番いいと言えるわけだ。

さて今シーズンの木星は山羊座をウロウロ、8月には尻尾の先っちょにあったのが逆行して、この10月はそのしっぽの付け根付近まで動いてきている。ここらでちょいと一休み、下旬になると動き始め、11月・12月と再びしっぽの先っちょへと移動する。

木星はものすごく明るく(-2.5等)月で見ても十分楽しめるのだが、望遠鏡を使うともっと面白い。と言うのは、今年は6年に1度の木星を真横から見る位置にあり、あの有名なガリレオ四大衛星が一直線上に並んで見えるのだ。
と言うことでその衛星たちがお互いに隠したり隠されたり、また衛星の影の中に別の衛星が入る、いわゆる「衛星の相互食」という珍しい現象を見ることができる。
10月は7日と14日(2回)、19日・21日の5回あり、すべて宵の内の現象で観測はしやすい。
また、9月29日と10月27日には、ちょっと太めで明るい月が寄り添い目を楽しませてくれることだろう。
[PR]
by hoshimikai | 2009-10-08 19:13 | 星暦
10月は夜明けの空も面白い
金星と水星、土星の動きに注目=☆ 月にも!

今、最高に面白いのが夜明け前の空だ。そう東の空に注目してみよう。
明けの明星★金星は4月からずっと君臨しているが、10月にはいるとすぐに水星と土星が顔を出してくる。

水星は10月6日西方最大離隔となって最も見やすく明るさも0等級あるので肉眼でも直ぐに見つけることができるだろう。
そこへ寄り添ってくるのが土星だ。9月4日環が消失して1ヶ月、まだ望遠鏡で細い環を確認するのは低空ゆえ難しかろう。

水星と土星の接近は、10月8日ちょうど見かけ上の月1個分ぐらいなので低倍率の望遠鏡の視野にすっぽり収まることになる。
その後土星は水星を離れ、金星へと向かう。そして13日の夕方に金星にもっとも接近するのだが、あいにく日本からは見ることができない。
でもその日か、14日の朝見てみよう。明るく輝く金星(-3.9等)のすぐそばにかなり控えめの土星(1.1等)を見つけることができるだろう。

17日になると新月直前の細い細い月がこの三つの惑星の直ぐ近くにやってくる。
早起きしてこの絶景を楽しみたいものだ=★
[PR]
by hoshimikai | 2009-09-30 20:30 | 星暦
木星と海王星が超大接近 5/28未明
その間隔はわずか28分(月1個分より小)!

木星と言えば真夜中の高い空にギラ~ッと輝いているイメージがありますね。
でもいつも真夜中にと言うことはないんですよ。

で、今は夜中を過ぎて東の空に顔を出し、朝焼けの始る頃に真南近くにやってきます。
今年の木星の観望好期の8月までまだちょっと間がありますが、この辺りでちょいと目を向けるのも楽しみ方の1つです。
というのは太陽系最遠の惑星の海王星に木星が超大接近するという珍しい現象を見ることが出来るからなのです。

海王星は大きさが地球の4倍もあり、結構大きいのですが、なにしろあまりにも遠く離れているために、明るさが7,9等しかなくこれじゃあ目で見ることは出来ませんよね。望遠鏡でもこれだろうかなと特定するのが難しいくらいですので日頃はあまり見る機会はないでしょう。
ですからこんな時がチャンスです。木星の衛星の中で最も暗いカリストが5.7等級でそれよりずっと暗いのですが、小さな望遠鏡でも低い倍率で見ると木星と衛星が並ぶ北側にポツンと青い小さな光を見ることができます。これが海王星です。

今年は木星と海王星の超大接近は3階あり、1回目が5月28日未明、2回目が7月10日の夕方、3回目が12月21日の夕方となっていて、いずれもなんとか見ることが出来ますのでぜひ天文台に足を運び、この珍しい天体ショーをお楽しみ下さい。

ちなみに前回は1997年1月でしたが、太陽に近く見ることが出来ませんでした。
[PR]
by hoshimikai | 2009-05-25 10:03 | 星暦
ゴールデンウィークの最後は流れ星を楽しもう!
6日未明にみずがめ座流星群がピーク!


5月の夜空を、といっても明け方近くのこと、ちょっぴり多めの流れ星を見ることが出来ます。
それは「みずがめ座流星群」、結構名は知られているのですが、ゴールデンウィーク疲れのせいか、あまり見てもらってないようです。

何が有名かというと、この流星群があの有名なハレー彗星の落し子だからなのです。ハレー彗星がやってきた1986年、その翌年と普段より少し多めに流星が観測されました。
でも日本からはみずがめ座の流星群の中心点が顔を出すのが未明の2時過ぎになってしまうので数を多く望むのは難しく、1時間に30個を超えることはほとんどありません。

南半球のオーストラリアなどでは夏のペルセウス群に匹敵するほどの凄さだそうです。
ぜひ1度は見てみたいものですね。

今年は満月前の明るい月が3時過ぎに沈みますので、それから約1時間がチャンス!ぜひ早起き(3時半頃)して、美しい流れ星をお楽しみください!!(それからもう一眠りzzz)
[PR]
by hoshimikai | 2009-05-04 22:49 | 星暦
水星が東方最大離角、夕空で観望絶好期!
26日、27日に細い月、そしてすばるとの出会い!

皆さんは水星を見たことがおありでしょうか。太陽に最も近い惑星の水星は地球から見て、太陽からそんなに離れることなく、その直ぐ近くをチョロチョロ回っているために明け方か夕方の空でほんのわずかな時間しか見ることが出来ません。そのために地動説を最初に唱えたと言われている天文学者のコペルニクスでさえ見たことがなかったという説があるくらい見るのが難しいんですね。

その水星を夕空で見る絶好のチャンスがやってきました。今月26日に太陽の東側に最も離れる東方最大離角となるからなのです。
日没時の高度は約20度、この頃の日没は18時50分頃ですから、その30分後、夕焼けが少し落ち着いた時刻を見計らって西北西の低空に注目です。
26日はまず糸のような細い月が目に飛び込んでくるでしょう。その月から少し左上方に目を移すと、かなりはっきりと小さく光る水星を見つけることが出来ます。
もちろんこの日だけではありません。26日前後1週間が観望の好期です。

水星の直ぐ近くにはおうし座のプレアデス星団、すばるの星の集まりや、その左の方にはオリオン座やおおいぬ座のシリウスなどももう誰も目を向けてくれないのかな、というように寂しそうに輝いています。
水星とすばると細い月の出会いだけに目を奪われないで、冬の夜空を彩った星々にも目を向けてみてくださいネ=☆
[PR]
by hoshimikai | 2009-04-18 17:30 | 星暦
春4月、夜明けの空が美しい!
21日~23日、木星と金星と火星に細い月が寄り添ってくる。

“春眠、暁を覚えず” と言いますが、そんなことを言ってはおられません。
夜明けの前の空の実に美しいこと、しばらくは目が離せないのです。

上旬まず最初に目に飛び込んでくるのは南東の空高くにやってきている木星でしょう。
木星が東の空に顔を出すのは、まだみんなが寝静まっている3時30分を過ぎてからで、後を追いかけるように5時頃に火星が、同10分過ぎには明けの明星となったばかりの金星が上がってきます。

中旬になると4時30分過ぎに火星と金星が並ぶよう姿を現してきます。
そして下旬に入ると直ぐに細くなってきた月がやってきます。
まず20日に木星の直ぐ近くを通り過ぎ、21日・22日と木星と離れ、細くさらに細くなりながら並んで輝いている金星と火星の直ぐ近くに寄り添うのです。

23日、この日は見逃せません!
22日に金星の右上に少し離れていた細い月は金星の左下すぐ近くまで移動し、さらに細くなっているのを見ることが出来るのです。その右には赤く輝く火星も目にすることができ、朝焼けに染まり始めた東の空は実に鮮やかに華やぐことでしょう。
ただ火星の明るさは木星の-2.2等、金星の-4.5等に比べ、1.2等しかなく控えめで目立ってないかもしれません。それでも必至に赤く輝き今は脇役に徹しているのですが、来年1月の主役になるのをじっと我慢して待っているようで、ガンバレ~!とそんな気分にさせられます。
[PR]
by hoshimikai | 2009-04-18 16:26 | 星暦
まだ楽しめる話題のルーリン彗星
=☆ 5日から6日にかけて、かにみそ星団に大接近 =☆

今年に入って話題を集めてきたルーリン彗星、この2月24日に地球に最接近したものの、この1週間は菜種梅雨のせいでず~っと悪天候、あの美しい姿にはついにお目にかかれなかった。

最後に見たのは21日夜、天文台を訪れた多くの方々とぼんやりとした光芒を楽しんだ。

天候不良の間にどう変化したのだろうか、今月もまだまだ捨てたものではない。しし座を離れた彗星はかに座へと移動、その中心にある星団プレセペ(M44、私は“かにみそ星団”と呼んでいる)へと近寄ってくる5日から6日が楽しみだ。

最接近時に予想通り4等級まで明るくなっていたら、このころでもまだ5等級はあるはずだから、裸眼では無理としても双眼鏡や望遠鏡では楽に見えるだろう。
ただ、心配は月の明かりだ4日が上弦でおうし座にあり、5日6日とふたご座(かに座の直ぐ近く、お隣の星座)へと明るくなりながらやって来る。この月明かりに彗星が見えにくくなるのは仕方がないとして、どの程度影響があるのか実際にその日になってみないことにはわからない。

としても、見えにくくなることは確かで、その後は11日の満月が過ぎ、月の出が遅くなる13日以降に見えることになる。
このころの明るさは7等級、日を追うごとに地球から遠ざかり急激に暗くなっしまう。

だからなおのこと初旬のうちになんとか楽しんでおこうと思う!
[PR]
by hoshimikai | 2009-03-06 15:55 | 星暦
3月1日のルーリン彗星
c0193294_22471849.jpg

ここのところお天気がすぐれず残念ですが、少しでも晴れ間が覗いたら観察してみてください!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


写真をご希望の方は、蓑部まで!

高崎星を見る会 蓑部樹生 ℡・FAX 0986-62-2211
E: メール canopus315@sky.plala.or.jp
[PR]
by hoshimikai | 2009-03-03 22:52 | 星暦