カテゴリ:お知らせ( 4 )
高崎星を見る会20周年特別企画 5月24日(日)14:00~
皆既日食☆事前説明会開催のお知らせ

あなたは今世紀最大のこの感動を、黙って見過ごせますか?
部分日食だけで我慢しますか。
黒い太陽と神秘のコロナがあなたを待っています。
皆既日食観測ツアーの事前説明会を下記のとおり開催しますので、興味のあるなし、
ツアーに参加するしないにかかわらず、多くのご参加をお待ちいたしております。

☆この説明会では、

①日食とはどんなとき起こるのか。
②日食はどのように見えるのか。
③日食の種類。
④特に皆既日食が注目されるのはなぜか?なぜ魅力的なのか?
⑤今回の皆既日食の特徴。
⑥今回の皆既日食を観測するのになぜ中国なのか。

などなど、皆さんが日ごろ疑問に思っている皆既日食のあれこれを、画像映像を交えてわかりやすくご説明いたします。もちろん今回のツアーの意義も含めてです。
皆既日食がどんなものであるかを知るだけでも価値のあるものとなることでしょう。


                  記

★と き   2009年5月24日(日) 14:00より(約2時間の予定)
☆と こ ろ   ウェルネス交流プラザ・茶霧茶霧ギャラリー(東)
★参 加 料   無 料 
☆駐 車 場   ウェルネスパーキングをご利用ください
       駐車料金サービスとなります。
★募 集 定 員 制限はありません
         (当日参加もOKですが、できるだけ事前にお申し込みを)
★申し込み・問い合わせ先 

         高崎星を見る会 蓑部樹生(℡・Fax0986-62-2211)
         E:mail canopu315@sky.plala.or.jp
[PR]
by hoshimikai | 2009-05-18 06:20 | お知らせ
天文特別講演会 5月17日(日)13:00~14:30
毎年恒例となっています、宮崎県天文協会主催による『天文特別講演会』を開催します。天文に興味をお持ちの方ならどなたでも参加できます。

1 内  容

  ★ 講  師 : 縣  秀彦(あがた ひでひこ) 氏
            国立天文台天文情報センター普及室長
            「一家に1枚宇宙図2007」制作委員会委員長 ほか

★ 講演題目 : 『世界天文年と日食の話』


c0193294_21325962.gif今年は、ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を空に向け、宇宙への扉を開いた1609年から400年の節目の年です。これを記念して、国際連合、ユネスコ、国際天文学連合では、今年を『世界天文年』と定め、世界や日本の各地でいろいろな事業が開催されます。また、7月22日(水)には日食が起こります。宮崎では“皆既日食”とはいきませんが、最大94%も太陽が欠ける“部分日食”が観測できるようです。
これらにちなんで、今年の天文特別講演会は「世界天文年と日食の話」を演題として国立天文台の縣 秀彦さんに日食を中心に、天文に関するとても興味深いお話が聴けますので、是非、参加してみてください。


c0193294_21345684.jpg




☆縣先生の講演に併せて、山口県天文協会の小林正照氏、高崎星を見る会の蓑部樹生氏から、国内アマチュアの日食観測隊の動向についても報告があります。


2 日  時 平成21年5月17日(日曜) 13:00~15:00
3 会  場 宮崎科学技術館 プラネタリウムホール
4 対象者     天文に興味のある方ならどなたでも
5 入 場 料 無 料(この講演会参加に限ります)
6 主  催 宮崎県天文協会
7 共  催 宮崎科学技術館
8 問い合わせ先

   宮崎県天文協会 特別講演担当 高妻
      TEL 080-2722-2869
[PR]
by hoshimikai | 2009-05-15 06:29 | お知らせ
高崎星を見る会20周年 世界天文年2009年『特別企画』
高崎星を見る会20周年
世界天文年2009年
特 別 企 画


今世紀最大の黒い太陽を求めて・感動を共に皆既日食ツアー・中国への旅にご一緒しませんか。

c0193294_23484065.jpg


高崎星を見る会が発足して20周年を迎え、特別企画として「2009皆既日食クルーズツアー」を企画したのですが、クルーズに使う船の使用料がべらぼうに高騰し、断念せざるを得なくなりました。ならばと、南太平洋の島国《マーシャル》をと模索したのですが、当国からの色よい返事が無く、コレも断念。
 今回の皆既日食は、46年ぶりに日本国内を通るのですが、あいにく鹿児島県の南の島に限られていて、大挙押しかけるわけにもいかず、ゆっくりと感動を味わうことは難しいようです。
 そこで、最後の手段をと昨年9月に中国へ観測地を探しに出かけ、安徽省にある天城中学校を候補地として、現地外事弁との交渉も成立し、具体的な日程を決めることができました。
 今回の皆既日食ツアーは、宮崎県内及び近隣各県の皆様が利用しやすいようにと、宮崎空港発着のチャーター機をと特にお願いして、JTBさんのご協力得てようやく実現し、このような形でお誘いすることになりました。でも募集人員が110名までと限られていますので、お申し込みはお早めに……。

お申し込みお問い合わせは、お電話、お手紙、FAX、Eメール何でも結構です。お申し込みは、お名前、ご住所、生年月日、ご連絡先(電話番号・FAX・E:mailなど)を下記まで。



☆お申し込み・お問い合わせは★

☆高崎星を見る会 蓑部樹生 ☎・FAX 0986-61-2211
〠889-4505 都城市高崎町大牟田1178-46
E:mail canopus315@sky.plala.or.jp


--------------------------------------------------------------

※ツアーパンフは、県庁や都城市役所、一部学校などにも配布しますので、110名の定員はすぐに埋まるかもしれません。ですからもしこのブログをご覧になり、参加をご希望の方は早めにお申し込みください。
尚、出発2ヶ月前までは、変更やキャンセルが可能です。
[PR]
by hoshimikai | 2009-01-18 00:01 | お知らせ
皆既日食観測中国ツアーの先行予約について
7月22日、日本では46年ぶり、しかも今世紀最大という『皆既日食』を観測することが出来るのですが、この範囲は鹿児島県のトカラ列島を中心とした島々のみで、とても大挙して押しかけるのは難しく、人数も限られ、費用も想像に絶するほどという事で、高崎星を見る会では、中国大陸へのツアーを企画し、只今その先行予約を受け付けております。
このツアーを企画するに当たり、9月に中国へ下見に行き、すばらしい場所を見つけてきました。中国徽省桐城市天城中学校グランドで、中国政府の管轄地にあるため当地の外事弁の許可が必要でした。先日その許可も無事頂くことが出来、こうして皆様にご案内できる運びとなりました。

■日程

・7月20日:午後宮崎空港発、中国東方航空チャーター機で合肥へ直行。
貸切バスで安慶市へ移動、ホテル泊。

7月21日:安慶市内の観光→観測地天城中学校下見。
ホテルで夕食後、皆既日食の観測の楽しみ方、写真撮影の方法などのミーティング。

・7月22日:いよいよ本番!
朝06:30ホテル出発→07:30現地着→08:16:53:03、日食開始→09:26:56:02、皆既日食の始まり→09:29:45:05、皆既食最大→09:32:31:09、皆既食終了(皆既の継続時間、5分35秒7)、そして10:50:07:06、日食のすべてが終了します。
観測終了後、桐城市内のレストランで昼食、市内を観光後、合肥へ移動。レストランで打上げ、ホテル泊。

・7月23日:午前中合肥空港へ移動、出国手続きを済ませて搭乗、宮崎空港着は午後の予定。
入国手続きを済ませて、解散、皆様お疲れ様でした!

■費用 : 209,722円(燃油サーチャージ目安12,000円)
と、トカラ観測ツアーの約半額と、かなりお安くなっています。

★先行予約のお申し込みは

・「高崎星を見る会」/蓑部樹生(TEL 0986-63-3322 )まで
・この予約の受付は2009年1月10日までとさせていただき、後は旅行会社(JTB南九州トラベルセンター)での受付になります。
・本募集が始まりましたらすぐに満席になるものと思われますので、お早めにお申し込み頂ければ幸いです。
・お問い合わせも、上記蓑部まで、なおメールでも受付ます。
Eメール : canopus315@sky.plala.or.jp
[PR]
by hoshimikai | 2009-01-04 15:41 | お知らせ