18日の夜明け前、しし座流星群ピーク
8年前、2001年11月19日未明のあの時を覚えているだろうか。あのときに遭遇した人はおそらく一生忘れることはできないであろう。
その再現ではないが今年もまた大いに期待してもよいのでは・・・との予想が出されている。
最近は研究の進歩とともにこうした流星群の出現予想が出されるまでになってきたのはありがたい。だから反面予想が外れたら・・・と思うとちょっと怖い気がしないでもない。
しし座流星群の母天体は33年周期で回る「テンペルタットル水星」でその回帰から10年が過ぎている。その33年ごとに太陽に近付いた時に放出される星のかけらの広がりをダスト・トレイルと言っている。
これも一緒に太陽を回っているのだが、いつごろ放出されたものかを特定し、それが地球と出会うのか出会わないのかで流れ星が多くなるのが少なくなるのかが決まるそうだ。
さて、今年この予想では1466年と1533年に放出された星のかけらのダスト・トレイルが地球とぶつかる。その中心が18日午前6時頃でその頃を中心に1時間に100個以上多ければ500個に達するのではとのことだ。
今年は月齢が1.3、新月直後で夕方には沈んでしまい条件はこの上なくよい。しし座の放射点が東の空に上ってくるのは深夜24時ころでこの頃から流れ星の数が増え始め、明るくなり始める5時半頃にはかなりの数の出現が楽しめるであろう。
この頃晴れればかなり冷え込んでくることが予想される。最高のピークの頃にダウンなんてことにならないように寒さ対策は万全に!
[PR]
by hoshimikai | 2009-11-02 19:45 | 星暦
くじら座の変光星「ミラ」が14... >>