ゴールデンウィークの最後は流れ星を楽しもう!
6日未明にみずがめ座流星群がピーク!


5月の夜空を、といっても明け方近くのこと、ちょっぴり多めの流れ星を見ることが出来ます。
それは「みずがめ座流星群」、結構名は知られているのですが、ゴールデンウィーク疲れのせいか、あまり見てもらってないようです。

何が有名かというと、この流星群があの有名なハレー彗星の落し子だからなのです。ハレー彗星がやってきた1986年、その翌年と普段より少し多めに流星が観測されました。
でも日本からはみずがめ座の流星群の中心点が顔を出すのが未明の2時過ぎになってしまうので数を多く望むのは難しく、1時間に30個を超えることはほとんどありません。

南半球のオーストラリアなどでは夏のペルセウス群に匹敵するほどの凄さだそうです。
ぜひ1度は見てみたいものですね。

今年は満月前の明るい月が3時過ぎに沈みますので、それから約1時間がチャンス!ぜひ早起き(3時半頃)して、美しい流れ星をお楽しみください!!(それからもう一眠りzzz)
[PR]
by hoshimikai | 2009-05-04 22:49 | 星暦
<< 天文特別講演会 5月17日(日... 水星が東方最大離角、夕空で観望... >>