水星が東方最大離角、夕空で観望絶好期!
26日、27日に細い月、そしてすばるとの出会い!

皆さんは水星を見たことがおありでしょうか。太陽に最も近い惑星の水星は地球から見て、太陽からそんなに離れることなく、その直ぐ近くをチョロチョロ回っているために明け方か夕方の空でほんのわずかな時間しか見ることが出来ません。そのために地動説を最初に唱えたと言われている天文学者のコペルニクスでさえ見たことがなかったという説があるくらい見るのが難しいんですね。

その水星を夕空で見る絶好のチャンスがやってきました。今月26日に太陽の東側に最も離れる東方最大離角となるからなのです。
日没時の高度は約20度、この頃の日没は18時50分頃ですから、その30分後、夕焼けが少し落ち着いた時刻を見計らって西北西の低空に注目です。
26日はまず糸のような細い月が目に飛び込んでくるでしょう。その月から少し左上方に目を移すと、かなりはっきりと小さく光る水星を見つけることが出来ます。
もちろんこの日だけではありません。26日前後1週間が観望の好期です。

水星の直ぐ近くにはおうし座のプレアデス星団、すばるの星の集まりや、その左の方にはオリオン座やおおいぬ座のシリウスなどももう誰も目を向けてくれないのかな、というように寂しそうに輝いています。
水星とすばると細い月の出会いだけに目を奪われないで、冬の夜空を彩った星々にも目を向けてみてくださいネ=☆
[PR]
by hoshimikai | 2009-04-18 17:30 | 星暦
<< ゴールデンウィークの最後は流れ... 春4月、夜明けの空が美しい! >>