8月1日、土星の輪消失(14年ぶり)

土星と言えば、あの神秘的で美しい環、誰が見ても感動するのですが。
さて、その環が消えて見えなくなったらどうだろう?!

今から14年前にそれを見たことがある。やはり環のない土星は不思議な姿なのだがどこか味気ない。
なぜこのようになるかは8月の会報で詳しく説明するとして、今のこの時期の土星にも目を向けてみることです。
先日早朝に我がオンボロ望遠鏡で眺めた姿、まるで串団子である。細くなった環が串となって土星を突き刺している。
そうそう、前回1995年は3回の消失があったが、今回は2回。しかしそのうち1回は太陽のすぐ近くであるために、実質目にすることが出来るのは8月11日の1回っきり、それも夕暮れの時間帯のわずか1時間ほどしかなく貴重である。見逃してなるものか!(笑)
c0193294_141739.jpg

[PR]
by hoshimikai | 2009-01-04 14:18 | 年間星暦
<< 2009年、主な天体現象 7月22日「皆既日食」 >>